~タイへの旅~part2【世界遺産アユタヤ遺跡】

      2017/12/15

こんにちわ(^^♪yuriです。

タイに行ったら訪れたいリストの1つに入るアユタヤ遺跡。

今回はそんなアユタヤ遺跡に行って来ました。

多くの仏像が戦争によりほとんどが破壊されています。

かつての戦場の跡地がリアルに残っているのでとても考えさせられました。

情景や背景が鮮明に浮かびあがります。素晴らしい歴史を感じる場所です。

アユタヤ遺跡とは

バンコクから車で約1時間半程で到着する事が出来ます。

遺跡の宝庫といわれるタイのアユタヤ。14世紀から400年以上も続いたアユタヤ王朝は、18世紀にビルマ軍との戦いに敗れ滅亡。現在は、3基の塔があるワットプラスリサンペット、木の根に埋まった仏頭が残されたワットプラマハタート、草むらに巨大な寝釈迦仏が横たわるワットロカヤスタなどの遺跡が残っており、当時の面影を伝えています。

ビルマ軍(現在のミャンマー)の攻撃されるまでは、約400年間もの間アユタヤ王朝の都として

タイの中心都市としてあり続けていたようです。

日本とも朱印船貿易も行われ、多くの武士達が渡り住み、日本人町も形成されていました。

また、1991年にユネスコ世界遺産として登録されています。

ワット・プラ・マハタート

アユタヤ城内に入るとすぐの所にあります。

アユタヤの象徴ともされる寺院の1つ

私が以前から一目見たかったもの。

ビルマ軍によって破壊され、切り落とされた頭を

放置されたものが、樹の根に取り込まれてしまった仏石の頭です。

すごく神秘的でした。何か特別な意味があるような気がしてなりません。

想像以上に感動しました。

観光客の方達の人だかりがすごかったです。

写真を撮影する時は、仏像よりも頭を低くするのが敬意だそうです。

私も記念に撮影してもらいました♪満足満足(*^^)v

更に奥に進んでいくと・・・

この仏塔の中にある仏像の頭までもが切り取られています。

このような感じで、ほとんどの仏像の頭がありません

戦利品として持ち帰られたのもありますが、

仏像の頭の中に金などの宝が埋め込まれていた為に

切り落とされたという話もあるようです。

中には、頭のある仏像もありました。修復されたのでしょうか?

暑すぎたので、日差し防止にストールを被ったら占い師になりました。

この日の気温は40度で歩くだけで暑くてしんどかったのですが

友達とこの写真を見て、お腹を抱えて笑いました(笑)

まさに占い師と弟子。

見るも無残。

いつ崩れてもおかしくなさそうです。

狭い道や急な坂などもありました。

悲惨な戦争の背景を物語っています。

そして、どこで撮影しても、占い師感が拭えない私です。

因みに、このストールは肩出しの服装制限に

引っかかって、売店で購入したものです。

上下柄×柄で2人してくどい・・・。

後から調べたら貸出も行っているそう。

私の勉強不足でもありますが、このアユタヤ遺跡は

大規模な公園となっていてここ1か所だけでなく

あらゆる所に点々と遺跡が広がっているらしいです。

それを知らない私達は何もない草原道を

ひたすら歩いて、次の遺跡を見つけようとしていました(笑)

40度のなか汗だくだくのへとへと。

途中でおかしいと気付き、引き返して結局タクシーで

次の遺跡に辿り着きました。

ワット・ロカヤスタ(寝仏の寺)

駐車場から30秒程の場所にある仏像。

全長は28m、高さ5mもある巨大なものです。

こちらの仏像は、破壊されなかったのですね。

心なしか穏やかな表情をしてるように感じました

背後にはかなり広い平坦地がありました。

おそらく相当大きな寺院が建っていたのでしょうね。

現在はこちらの1塔しか建っていません。

周囲には沢山の草木が茂っていて、とてものんびりとした空間が流れています。

何だか気持ちが和み、元気を貰えました。

 

残念ながら私達が行った時には修復中。

全貌を撮る事は出来なかったのですが、

他の方の撮影した写真を見るととても迫力がありますね。

こちらでは、仏像にお供えするお花を

現地の方が販売していました。

1本20バーツ。因みに怒ってないですよ(笑)

ゆっくり見たいのにここぞとばかりに売り込んでくる現地の方々(*_ _)

しかも、暫くすると、そのお供えしたお花をスッと持ち、

新しい観光客の方に売りつけていました。

見てはいけないものを見てしまった気持ちに・・・。

良い意味でリサイクル?

結局、押しに負け、金粉も購入する事になりました。

仏像の前にあるミニ仏像に貼り付けます。

これも後から知った話なのですが

自分の願いを強く込め、その場所に金粉を貼り付けるとその願いが叶うそうです。

例えば頭が良くなりたいなら頭部に。

手に職をつけたいなら手に。

といった感じのようです。

私の場合、金粉がぺらっぺらで貼り付けるのに

苦戦していたら、風の流れに乗っかってどこか飛んでいきました。

それはそれでご利益があると嬉しいです(笑)

最後に

何とか約3時間程かけて、2か所の寺院巡りを楽しみました。

想像以上に歴史を感じる事が出来たのと

その過酷さを考えさせられました。

しかし、本当に来て良かった~と心から思えましたよ。

次回は、1日かけてゆっくりまた別の

寺院巡りもしようと心に決めました。

皆様も是非☆タイに行く事があれば

アユタヤ遺跡を観光してみて下さいね(^^♪

 - タイblog, プライベートblog

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。