【現在進行形】私の健康法9つをご紹介♪キーワードは自分

      2017/11/01

こんにちわ(^^♪yuriです♪

 

10代の頃は1日位寝なくても平気でしたが、

出産をしてからどんどん体力は消耗。

第一に健康、第二に健康と

毎日の積み重ねが人の身体を作るという事を知りました。

病気になるのも、健康になるのも自分次第!

今日は私が普段から行っている

健康法をご紹介したいと思います♪

週に2回はヨガ&筋トレ

プロフィールにも書きましたが、元々私は運動する事が大好き。

昔は空手もやっていました。人に言うと、高確率で納得されます。

ジムは息子が4歳になり、少し時間にも余裕が出来た所で本格的に通い始めました。

やっぱり好きな事って楽しいー!

無理なく続けられて気分もスッキリ♪

筋トレ後で追い込んだ後の、あの筋肉痛も私にとっては至福♪(笑)

そして、ヨガは陰や陽などの東洋医学的要素も含まれているので

自分自身のエネルギーを内に向けていく事で

心が解放され、浄化されるような何とも言えないあの心地良さが大好きです。

心と身体を1つにみていく思想は、東洋医学の鍼灸と似ています。

ヨガを通しもっと自分の身体や心の様子を知る事が出来るようになりました。

ヨガにもリラックス系のヨガやダイエット系のヨガがありますので、

沢山汗をかくことに捉われずに自分の体力のペースに合わせて行って下さいね。

また、運動も向き・不向きがあるので元々体力がない方や好きでない方は違うやり方がおススメです。

不思議なもので、人は幼い頃に運動が好きで体育の時間にはりきっていたような子は

大人になってからも運動をする事で体調が良くなる場合が多いです。

是非、小さい頃の自分を思い出してみて下さい。

もし、運動が苦手という方は無理に運動しなきゃ!と思っても続かないものです。

そして更に体力が減って体調が悪くなる方も。

そんな方は週2回、1回でも良いので歩く事を意識してみましょう。

歩く事は全身運動。腕をしっかり振り歩く事で新鮮な酸素が身体に入り

またいらないものは吐く事で手放せます。更に、肺や喉などの呼吸器系の強化にも繋がりますよ。

歩く時は何も考えずに身を任せ、まずは20分の目標でも大丈夫です。

因みに私はジムにも歩きにも行けなかった、息子が小さな時はエアロバイクをひたすら漕いでいました。↓下に続く

1人の時間を作る(週1は絶対)

これは、お子さんがいるとなかなか難しいですよね。

子供を寝かしつけている間に自分も寝てしまって

結局何日も1人の時間取れてない!って事は良くありました。

また、1人の時間を持とうとしても、その間に洗濯物や食器が溜まっていたり・・・。

だけど・・・というか絶対に!1人の時間は大切です。

子供が小さかったりすると、旦那さんや母にみてもらうのにも

気が引けたり、何だか悪い事しているような気持ちになってしまいますよね。

でも、お母さんだって1人の人間!そんなに遠慮する事ないと思います。

1時間もあったら近くの喫茶店でお茶したり

本を読んだり、1人で食材の買い出しに行ったり出来る事はあるはずです。

悲しみがこぼれる前に少しのリフレッシュ❤

私は、今になってその時間の大切さが分かるようになりました。

あの時は何を必死に自分を押さえつけて生きていたんだろうと不思議な位・・・。

1か月に1回でも良いので、自分だけの時間を作ってみましょう♪

また、忙しければ忙しい時ほど、1人になる時間を大切にする事で

心にゆとりが生まれ、自分自信をより見つめる事が出来ますよ。

因みに私は、息子が寝ている間にエアロバイクをひたすら漕ぎながら

音楽を聴いて1人時間を作っていました。これで、運動と1人の時間が出来上がり❤(笑)

腹8分目(お腹いっぱいはダメ、便秘の原因にも)

ストレスが溜まると人はつい食で発散しようと思うのか食べ過ぎがちに。

食べ過ぎてしまうと、胃や脾の消化器系は消化・吸収を絶えず行う事になるので

膨大なエネルギーが注がれていきます。それに伴い排泄の力が弱くなると、

身体は重だるくなり、胃や脾がある背中の左部分が痛くなったり、もっと食べたくなったり・・・。

どんどん負担がかかって悪循環です。

実は便秘って食べ過ぎの原因にも繋がります

消化・吸収にエネルギーが注ぎこまれる事で排泄の力が

弱くなってしまい、上手く腸を動かせなくなるのです。

また、1度に沢山食べ続ける事で消化が追い付かなくなり

消化不良が起きてしまう事も原因の1つです。

万が一食べ過ぎてしまった時には食時を抜いてコントロールして下さいね♪

そして、現代の方は食に困る事がない生活だからか、

全体的に「食べ過ぎ」の傾向があります。

胃や脾・腸などの消化器系が元気になれば、ほとんどの慢性病は治る

と言われる程、人間にとっては大切な場所です

いつも倦怠感がある方は一度、食事の量に注目してみましょう!

そして、重要なのが本などに書かれている決まった量に捉われる事ではなく

自分自身にあった食べ物の量を自分の身体の感覚で実感する事です。

冷たい物は取り入れない

女性にとって冷えは月経痛や不妊などの

婦人科系症状に繋がったり美容にも影響を及ぼします。

私は鍼灸師となって冷やさない事の大切さを強く実感しました。

治療を受けに来られる大抵の女性はほぼ冷えています。

手足もちろんなのですが、お腹が冷え冷えな方がとっても多いです。

夏・冬に限った事でもなく1年を通して冷たいのです。

これは、全ての女性に言える事。

冷やしていても1つも良い事はないです

冷たい物を身体に取り入れるのを辞めると

アイスや氷などのいかにも冷たい!っていう物を

身体が受け付けなくなってきます。

私の場合は、外食先のお冷も飲めなくなりました。

暖かい物が好きになると、暖かい物以外好まなくなりますよ(^^♪

そして、暖かい物は胃や脾・腸などを助けてくれる働きがあります。

新鮮な唾液が出る事で、喉が痛くなってものど飴やうがいをする必要はなくなります。

身体にとっての正しい事をすれば、身体は健康になってくれます。

就寝前にお酢

私は産後から寝る前にお酢をとることを習慣化しています。

東洋医学では動いている時は肝臓から血液が送り出されます。

また、寝ている時は血液は肝臓に戻ります。

肝臓は血液と関係

この送り出す働きと戻る働きを持つ肝臓の作用を

スムーズにする為には肝を養う酸っぱいお酢がおススメです。

寝る前にお酢をとる事で質の良い睡眠をとる事が出来るので

身体の疲労が溜まりづらくなります。

私の場合は、黒酢をコップに3分の1程度。

更に、産後の女性は出産で体力を消耗しているので

お酢を摂り、肝臓を養う事で体力回復効果や、

貧血やめまいなどの血液による症状が軽減されます。

24時前就寝

良く、午後10時から午前2時が成長ホルモンが分泌される時間なので

この間の時間に寝るのがベストと言われていますよね。

東洋医学では午後11時から午前3時の間は肝臓が活発になる時間です。

この時間までに眠りにつく事で、肝臓を休ませる事が出来ます。

私は、自動的に23時になると眠くなります。

なので、友達とのグループlineには大体乗り遅れています(笑)

明日への活力の為にも睡眠時間を大切にしましょう♪

思いついた事は迷わず実行

大体の方って、こんな事してみたいな。とか

こんな風になりたいな。という願望があっても

自分には時間がない、お金がないから無理だとか色々な理由をつけて諦める方が多いです。

でも、それって本当に諦めなければいけない事ですか?

私が昔、尊敬する方に言われた言葉で

人って、本来は自分が望む方向に進むように出来ている

だけど、色々なマイナスな感情が邪魔をする事で諦めるから失敗する

人間には直感ってあると思います。

それを信じて生きてみても良いんではないでしょうか。

後悔するかしないかで迷っている人はどっちに転がっても後悔するはず!

自分のありのままの気持ちを受け止めて実行してみませんか。

無理して笑わない

楽しくもないのに笑う事って、私は最悪と思っています。

実際に、うつになる方の始まりの初期段階がこの無理をして笑う事から

無理するという事は、楽しくもないのに笑うということですよね。

自分の気持ちに嘘をついて、感情に蓋をしても、自分を守る事にはなりません。

心と身体は1つですから、必ず無理がかかって不調が現れます。

身体の不調も辛いけど、心の不調はもっと大変です。

因みに私は、とっても分かりやすい人間だと思われています(笑)

楽しむ時は全力で楽しんで、悲しい時はこの世の終わりかという位まで泣きます。

人にどう思われるかではなく、自分がどうしたいかに少しずつ変えていけたら良いですね♪

自分の味方は自分

自分の事さえも分からなくなる事があるのに

相手の事を理解するのは本当に難しいです。

自分の事は自分にしか分かりません。

いくら血が繋がっている家族だとしても

相手の1から100までを理解するのは難しい。

そして、性格も考えた方も、世界に同じ人は1人もいないんです。

だからこそ、どんな事を言う人がいたとしても、

自分の味方は自分であればそれで良いんです。

自分を味方につけて、どんな自分も好きになりましょう♪

最後に

健康法というか、最後の方は私の心の持ちようの紹介になってしまいました(笑)

色々な事をずらっと書きましたが、全てに共通している事が

自分の事を良く理解した時に分かった事何ですよね。

身体や心の不調、色々な問題にぶつかった時に、出来事をそのまま受け流すのではなく

それはどうしたからこうなったのかな?っていう原因を自分なりに理解しようとした時に

答えが出ると思います。症状には必ず原因があります!良くするのも悪くするのも自分次第❤

今日も素敵な一日でありますように♪

 - 健康

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。