子供の自然治癒力は素晴らしい【中耳炎症状】

      2017/11/02

こんにちわ(^^♪yuriです。

 

先日、息子が中耳炎になりました。

耳が痛いと始まってから診察して貰うまで1時間待ち⏰

痛い痛いという息子にハラハラしながらも順番を待ち、、、。

更にお腹まで痛いと言って、気持ち悪くなったのか嘔吐してしまいました((+_+))

しかし、それからは少し気分が良くなったようで元気になりました。

 

因みに息子が嘔吐した箇所は私の股間。

私がお漏らししたような感じになっていました(笑)

 

診察をしてもらい、耳の中を掃除してもらった後は

ケロっとしていて、帰宅してからもご飯をお代わりし、

鍼をするといつもの数倍元気に(*^_^*)

痛みがを出現してから、3時間後には

いつもの様に元気100倍に戻っている姿を見ると

改めて子供の治癒力は素晴らしいな~と感じました。

中耳炎の原因を考えてみた

摂取量と活動量

どうして中耳炎の症状になってしまったんだろうと考えた時に、

ここ最近で私には思い当たる節がありました。

私の夫は甘党なので普段、夫しか甘いものは食べないのですが、

仕事上、息子とすれ違い生活になる事も多いので

夫が食べているのを目撃する事も少ないです。

しかし、私が月経前という事もあり甘い物を無償に食べてしまっていました。

更に中耳炎になる前の数日間は

家族の予定の為、保育園をお休みしていました。

月経前で無償に甘い物が食べたくなっていた私と甘党な夫。

当たり前ですが、近くにいる息子も

自然と親が食べるのを見て欲しがるので食べさせてしまっていました。

そして、それに慣れてしまった息子は、

甘い物を食べる衝動を抑えられなくなっていたのか、

私がお風呂に入っている間に、

ヨーグルトを2.3個食べている事もありました。

保育園をお休みしていて、活動量も少ないのにも関わらず、

過剰に糖分を摂取してしまった息子。

きっと、原因は私達にありました

 

子供は大人よりも行動が活発で常に動き回り

常にエネルギーを燃やし続けています

ですので、多少甘い物を摂取しても消費しやすいですし、

大人程身体に残る事はありません。

しかし、食べる量と消費出来るくらいの活動量がなくなると、、、。

炎症症状に繋がってしまいます

その1つが、中耳炎の症状です。

身体の中を綺麗にする作業

また、中耳炎になり病院に行った当日に

息子のお腹が痛くなり、嘔吐したのも

『身体の中の悪いものを外に出す』

という本来人間が持つ自然治癒力が働いた証です。

下から排出しなければ

上から排出される自然な身体の働き。

なので、きっとあの時の息子の身体は

自分の身体を綺麗にする為の最善な方法を

選択していたんだなと思いました。

身体は次の段階に変化していく

更に、この身体から悪い物を排出出来ないと

蕁麻疹となって次は皮膚に出現し炎症を起こします。

過程で言うと

身体に悪い物を食べる

吐くor下す

↓それも出来ないと

蕁麻疹となって皮膚に現れます。

最後に

全ての症状を悪いと決めつけ抑え込むのではなく、

身体の流れに身を任せ、本来の自身が持つ治癒力を信じてあげて下さい。

そして、本当に食べ物には気を付けましょう。

私も今回の事で反省し、改めて食の大切さを感じさせられました。

甘い物はかなり癖になります。常に食べたくなります。

どんどん欲求が止まらなくなります。

子供の不快症状は

案外身近にいる私達母親が

原因だったりするかもしれませんね、、、。

そして、子供の自然治癒力は本当に素晴らしいです

私達も普段から自然治癒力が高められていれば

身体が勝手に不快症状をやっつけてくれます。

どんな時もいつでも、身体は正しい情報を

私達に教えようとしてくれています。

その声を聴くのも聴かないのもあなた次第

 

今日も素敵な1日となりますように・・・♪

 - プライベートblog, 子供の症状

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。