Q&A

Q鍼は痛くないですか

A髪の毛よりも細い鍼を使用していますので、痛みはありません。
また、痛みのない治療を心掛けておりますので、刺したか刺してないのか気付かないお客様がほとんどです。
どうぞご安心して、お受け下さい。

Qどの位のペースで通えば良いですか 

Aお客様のお身体の症状によりますが、月経に伴う女性ホルモンにより
お肌・お身体の状態が変化しますので、フェイシャル機器を使用しての施術は
大きく分けて月経前と月経後の2回をおススメしています。
また、体質改善をしたいという方には、鍼灸治療のみで週に1回から2回をおススメしています。
症状が取れてきましたら、健康維持やメンテナンスの為、
月に1回ペースで来られる方が多いです。
さらに、お家でもお灸をして頂けますと、更なる相乗効果が期待出来ます。

Qどんな格好で治療を受けますか

A往診治療では、肘から上と膝から下が出る服装、バスタオル2枚、枕、仰向けになれるスペースのご準備をお願い致します。

サロン内施術では肘から下と膝から下が出る「患者着」をお一人様ずつご用意しております。

また、ブラ・ショーツはつけたままで結構です。

Q月経中でも鍼灸は受けられますか

A月経中でも治療を受ける事が出来ます。むしろ、生理痛でお悩みの方は鍼灸治療を受けられる事で
月経痛の原因と言われる「おけつ」を体外に排出し気血水の流れをスムーズにする事で痛みを改善します。
ですので、月経中の鍼灸治療はとてもおススメです。
また、生理日の1週間前後に来て頂けますと、次回の生理痛予防にもなります。

Q治療した当日はお風呂に入れますか


Aほとんどの場合、問題はないのですが、体力がない方がお風呂に入る事で体力が余計に
消耗される場合があります。出来れば、治療効果を長引かせる為にも治療当日はお風呂を控えて頂き、
いつもより質の良い食事と早めの睡眠を心掛けて頂きたいと思います。

Q保険は効きますか


A往診治療のみ、保険のお取り扱いをしています。
また、鍼灸治療は「医療費控除」の対象となりますので、必要な方には領収書を発行しております。

Q副作用はありますか


A鍼灸治療には副作用はありません。
良く鍼灸治療をした後に起こると耳にする「好転反応」ですが
その方の体力に合った自然治癒力を高める治療を目指していますので、
倦怠感・頭痛などの好転反応と言われる症状は出にくいです。
しかし、治療後は非常に血液の流れが良くなっていますのでアルコールを
飲まれる方はいつもより酔いやすくなる場合があります。

Q西洋医学との併用は可能ですか


Aもちろん可能です。
どうしてもお痛みが辛くて我慢出来ない状況であるのに薬を服用しない事で更に痛みに対するストレスを感じてしまいます。
鍼灸で自然治癒力を高める事で、お薬が必要な時に効くお身体にも出来ますし、治療し続けていく事でお薬を服用しなくても大丈夫とお医者さんに言われた方もいらっしゃいます。

Q予定日の変更・キャンセルはどうしたら良いですか


Aフェイシャルメニューご希望の方は、1日2名限定の施術しか行っておりませんのでとても予約が取りづらくなっています。
キャンセル待ちの方もいらっしゃいますので、急な当日キャンセルは行っておりません。
キャンセルのご連絡は2日前までに宜しくお願い致します。また、往診治療をご予約の方もお早めにご連絡下さいませ。
また、何度もキャンセルが続いた方は、次回のご予約も承る事が出来ませんので、ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

Q手ぶらでも大丈夫ですか


Aサロン内施術では、お化粧品以外の・化粧水・乳液・くし・綿棒・コットン・ボディースプレー・ハンドクリーム・ボディークリームをご用意しております。ですので、お化粧直しをされる方はお化粧道具をお持ちください

Q子供は連れて行く事が出来ますか


Aもちろん可能です。また、お子様のお好きなdvdをお持ち頂けますと、観る事が可能です。
近所にTSUTAYAさんがありますので、そちらで借りられてから来られる方もいらっしゃいます。

また、小さなお子様がいる為、お家でゆっくりと治療を受けられたい方は往診治療をご希望下さい。

美容鍼について】


Q美容鍼の痛みはありますか
A痛みの感じ方は人それぞれですが、刺鍼する箇所によって痛みを伴う場合があります。
極力、痛みが出ないようにはお客様に安心して受けて頂けるよう配慮しておりますが、100%無痛という訳ではありません。
しかし、美容鍼を受けられたお客様には、思っていたよりも痛みが少なかったというご感想を頂いております。

Q内出血はしますか


A顔面部は身体の中でも特に毛細血管が張り巡らされている箇所でもありますので、
血液の滞ってリンパの流れが悪い箇所は内出血が起こる場合があります。
また、健康な毛細血管であれば刺鍼をした際の鍼を避ける事が出来るのですが、
脆くなっていますと、避ける事が出来ずに内出血に繋がってしまう事が多いです。
もちろん、実際はそう言った場合は少ないのですが、大切な日の前日などは万が一に備えて、控えて頂いた方が宜しいかと思います。

Q美容鍼の頻度はどれ位がベストですか


Aその方のお肌の状態にもよりますが、お肌のターンオーバーに合わせて2週間に1回程のペースで
受けられる方が多いです。

他に気になられる事がありましたら、ご遠慮せずお気軽にご連絡下さい。

公開日:
最終更新日:2018/05/16