薬を飲んでも治らない人へ。身体はあなたの力で変えられる

      2018/01/25

こんにちわ(^^♪yuriです。

薬を飲んでるのに一向に症状が改善しない、もしくは悪化している。

今までそんな方々を沢山みてきました。

症状が慢性化するといつ良くなるのか分からない不安が募りますよね。

だけど、もし長年その症状に苦しめられていて

何も変わらないのであれば、薬だけに頼るのではなく

自分の力で身体を変えようと努力してみませんか。

もしかすると、あなたの努力が身体を改善する第一歩になるかもしれませんよ。

薬は便利なもの

いつでも手軽に手に入る便利さ

西洋医学が主となった現代の世の中で

特に病院に通院しなくても、市販の薬を購入出来ますし、

通院したとても、お医者さんが自分に合った症状の薬を処方してくれれば

それを飲むだけで良いので、確かに薬は便利ですよね。

ある意味、薬が世に溢れているからこそ、

例えどんな不調があったとしても、薬があれば安心できる

そんな風に思っている方も少なからずいるのではないでしょうか。

便利さに甘えていませんか

長年薬を服用しているのに症状が慢性化している、

もしくは悪化しているという方は、

きっとこのままではダメなのではないか・・・。

もしかすると一生このままなのではないか・・・。

と本当は心の隅で思っていませんか?

だけど、それを認めたくないから言い訳をして、

元々私はこんな体質だからだとか

時間がないから。こういう理由だから病気になってしまった。など

何かと理由をつけて諦めようとしていませんか

正直に言います。

今あなたが抱えている不調はあなた自身から起こったものです。

それは食生活などの生活習慣から起きたのかもしれないし、

ストレスから起きたのかもしれないし、理由は様々ですよね。

例えばストレスは、自分以外の誰かが原因だったかもしれない。

しかし、それに対してあなたが自分自身の身体や心を必要以上に傷付けたから

心を病んでしまったり、不眠症になってしまったりなどの

不快症状の原因になっているのかもしれないですよね。

自分から発症した症状は、自分で改善するしかないんです。

不調症状の本当の原因が分かるのは自分だけですよね。

あなたが、本気で改善したい!と思うのなら、便利さはなく、努力が必要だけれど

自分自身の身体や心と向き合う事が症状改善の第一歩となると思います。

そして、理由をつけて諦めるよりも、今出来る事を少しずつでも努力する方が、

未来は明るいと信じています。

どうして薬で良くならないの?

薬は自然治癒力を低下させる

自然治癒力とは、元々その方本来がもっている身体を健康になろうとする働きですが

薬は今出現している症状を抑え込もうとする働きをもっています。

例えば風邪は体温をあげて熱を発生させる事でウイルスをやっつけようとする

身体の自然な働きですし、下痢をするのも悪い物を食べたのを外に排出させようとする働きです。

実は、私達が勝手に痛みなどの不快な症状を悪と決めつけているだけで

実は身体はいつも私たちの味方をし、守ってくれています。

薬で痛みが一旦抑えられると安心するかもしれません。

しかし、原因を突き止めない限りはいつだってその痛みは引き起こされます。

根本改善にはならない

先程もお話ししましたが、痛みや不快症状には必ず原因があります。

身体があなたに伝えようとしているサインです。

そのサインを受け止めずに、薬で症状を

抑え込んだとしても、その場を誤魔化しただけで

本来の根本改善にはならないですよね。

本当の改善をしていないから、同じ症状を繰り返す

もしくは薬の量が増えないと効かない身体になってしまいます。

痛みの強さで判断出来ない

また、痛みが強いと、治りづらいのではないのか、

または悪化しているのではないかなど、

どうしてもネガティブな考えになっていませんか?

実はそうとも言い切れないんですよ。

症状の強さと体力

例えば子供の場合、風邪を引くとすぐに高熱になりますが熱が引くのも早いです。

その反面、大人が風邪を引くと微熱が何日もだらだら続き、症状が長引きますよね。

その理由は子供は体自然治癒力が高く体力がある場合が多いからです

実は痛みが強ければ強い人ほど、症状が派手な人ほど、 体力がある事が多いです。

症状が強いと悪い訳ではない

本当に体力のない治癒力が弱くなっている方は

外にも症状を出せずに、身体の内側でじわじわ進行。

やがて、病気になってしまうという方も多いです。

案外、派手に症状が表に出ている方ほど改善しやすかったりします。

痛い痛い!辛い!助けて!と声を張り上げて

言えるうちなら、改善する力がまだまだ

備わっている可能性が高いですよ。

ニキビも体力の象徴

ニキビも、10代の頃は「青春のシンボル」と言われるように

ぽこっと盛り上がって赤みを帯びています。

これは、身体の中の毒素や老廃物を外に排出しよう!という働きが強まった為です。

しかし大人になるにつれて赤みを帯びる事は減って

小さい吹出物のような白いニキビがポツポツと出て来るように・・・。

それだけ、身体の自然治癒力が低下し、

症状が表に強く出てこれなくなった現れです。

自然治癒力を高める努力をする

日頃から自然治癒力を高めよう

自然治癒力が備わっていれば

薬を飲めばすぐに効く身体になります。

長期化もしずらいです。

毎日薬を服用しても、痛みがとれない方や

量を増やさないと効かなくなっている方は

自然治癒力が低下しているかもしれません。

重い病気を患っていて、薬がないと生きていけない方もいると思います。

しかし、全てを薬に任せる事以外の方法もあるはずです。

臭いものに蓋をするのではなく、

その症状をきっかけだと思い、ご自分の心や身体に耳を傾けてみましょう♪

また、日頃から自分にとっての身体や心に合う過ごし方さえしていれば、

薬を飲まなくても、自分の力で不症状を改善する事が出来ます。

自分にとって合う方法とは、ただ単にネットに書かれているような健康法をやみくもに実行する事ではなく、

自分自身の身体や心に寄り添って、続けられそうなものや自分に合っていそうな物を取り入れる事です。

十人十色というように、みんな性格や体質だってバラバラ。

あなたの今の状況にとってのベストな方法を見つけましょう。

もし、どうすれば良いのか分からず最適な方法を知りたいという方はお問合せ下さいね。

鍼灸治療では、あなたの生年月日から本来の体質を導き、

 

あなたにとっての最善の治療とケア方法をお伝えします(^^♪

最後に

今、出ている症状が悪い事だと思う事を一旦辞めてみましょう。

お顔のニキビはもちろん、痛みや痒みだって、全ては症状を治そうとしている過程です。

そして、いつだって症状には理由があります。

誰にでも自然治癒力は備わっています。それが少ないか多いかだけ。

この力が充分に備わっている人は病気になった時や、なりそうな時に

自分自身をしっかり守る事が出来ます。

健康になるのも美容を手に入れるにも全てにおいて、自然治癒力が必要です。

 

今日も素敵な1日となりますように・・・♪

 - 体質改善, 健康

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。