私の2年前の悩み【PMS症状】

      2017/11/02

こんにちわ(^^♪yuriです。

 

月経前症状の1つPMS。

 

私はの場合、産後から酷くなりました。

一言にPMSと言いましても色々ありますが、

私は『感情』に強く影響が出ました。

元々、白黒はっきりしたいタイプなので

温厚な性格でもないのですが(笑)

まあ〜産後は酷かった((+_+))

私のPMS事情

メンタルが・・・

私の場合は、PMSから来る感情の起伏。

月経前の特に10日〜1週間位前からメンタルがゆらゆらゆらゆら・・・。

どうでも良い事にイライラして感情を抑えられなくなったり、

少しの悲しい事で子供のように声を上げ、泣き叫んだり、、、。

イライラをお腹いっぱい食べて紛らわそうとしてました。

しかも、全然栄養のない、むしろ身体に不健康なものばかり食べてました。

(身体の調子が優れない時ほど、身体に悪い物を食べたくなりますね・・・)

ただでさえ、月経前は女性ホルモンの関係でニキビが出来やすいのに、

不摂生する事で口周りにニキビが大集結。

鏡をみて更にイライラ。

しかも、そんな食生活を月経1週間前位から続けていたので、

美肌になりやすいと言われている月経後も

身体の中は乱れ、肌もボロボロでニキビが治りづらくて仕方がない。

今思い出しても、

 

本当に酷かった。

本当に辛かった。

1か月の3分の1は自分の感情や表面上の肌の汚さ落ち込みっぱなし。

女性である事自体が嫌だなと思っていました。

逃げていた事から逃げない事へ

初めは、ピルを飲んだりもしましたが

特に症状が改善した訳でもなく、

むしろ副作用が強く、悩みが増える日々。

今思えば自分で改善しようとすれば良かったのに

「子供が小さくて忙しいから」とか

「時間がないからを理由」にして、

自分の身体を向き合う事に逃げていたんだと思います。

しかし、それから2年位経った時に

この状態に耐えられなくなりました。

何とかして治したい!

このままは嫌だ!

そんな気持ちが強くなりました。

そして、それを機に本格的に自分の身体と向き合う事に決めました

自分の身体と向き合うという事は

この時、既に鍼灸の患者さんへの治療をしていたので

その患者さん達を見ていく中で

自分の身体と向き合うという事は

ただ単に、世間一般的に健康と

言われている事を実行していく事ではない。

という事に気付いていました。

本当の健康法とは・・・

自分の身体にあった健康法を

自ら探し実行していく事から始まります。

世間一般的な健康法

例えばですが、運動をする人が好きな方は

元々幼少期に運動をしていた方が多いです。

そういった方は大人になってからも

運動をする事で、体調が良くなる傾向があります。

反対に小さな時から運動が嫌いな方は

運動をしない方が良い場合もあります。

頑張って運動をしてみたものの続かなかったり、

疲れ過ぎて1日中何もする気が起きなくなったり。

逆にストレスになる場合があります。

そういった方は、運動にこだわらなくても

ストレッチで気の巡りを良くする事も可能ですし、

もちろん食事で健康になる方法を見つけるのも良いですよね。

また、あの有名な水飲み健康法も、1日2リットルが目安と

言われていますが、元々身体に水分を溜め込み

浮腫みやすい方が、それ位の量を飲んでしまうと

身体に余計な水分が停滞する事で、身体全体が冷える原因となります

もしかすると、普段から激しい運動してる方には足りないかもしれませんよね。

 

このように、人それぞれ性格が

異なるように身体だって人それぞれ。

自分に合った健康法を見つける事が大切です

 

前置きが長くなりましたが私はそう言った自分基準での

PMS対策法を見つけ、実行していきました。

 

私の健康法はコレ

 

真剣に分析して、身体に良い物=季節に合った旬の物を食べる事にしました。

食事は身体を作る源。基本ですよね。

特に女性にとってのイライラは食事の質からくる栄養不足が原因にもなります。

食の大切さを見直しました。

また、幼少期から運動は好きでしたが、

息子が小さくジムなども行けずにストレス発散する方法がありませんでした。

しかし、そんな時に役立ったのがエアロバイク!!

1日30分やるだけで汗をかいて気持ち良い!

ストレスが溜まっている時は全力でこぎ続けていました笑

鍼灸とカッピング

後は、鍼灸でいうカッピングとお灸。

私は気が上に上がり過ぎてイライラしてしまい、肩凝りや頭痛も酷い状態でした。

その上、下半身は冷たく家の中では季節関係なく靴下を装着していました。

なので、カッピングで瘀血を取り除き気の巡りを良くしたのと、

お灸で上半身と下半身を繋ぐ中心部の腹部、腰部をしっかりと

温める事で上下のバランスを整えるようにしました。

患者さんには、こうした方が良いですよ

ああした方が良いですよと伝えていたのに、

それまで、全く自分の身体のメンテナンスを怠っていました。

しかし、これを3ヶ月続けた結果、PMS症状は少しずつ改善していきました。

最後に

全ての不調症状は自分が原因。

自分が今まで作り上げてきた結果。

自分で引き起こした不調は自分で改善していくんだ!という

強い気持ちが大切です。

また、自分の身体は自分が、良く知っているはずです。

ただ、今まで向き合おうとしていなかっただけ。

 

人には本能があります本能とは直感

 

自分が心で思った事を自然の流れに任せて素直に進められるかどうかが、

色々な意味で大切なのだと思います。

 

 

どんな方法が自分に合うのかが分からないという方には、

鍼灸を通し、私があなたに合った養生法や

あなたに合ったツボをお教えします。

 

あなたの不調原因のケアをサポートします💖

 

自身の身体に向き合う事が体質改善の第一歩(*^_^*)

今日も素敵な1日となりますように・・・♪

 - プライベートblog, 婦人科系症状

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。