身体の栄養状態が良いのかを知る方法

      2018/01/25

栄養状態が悪くて、

身体の様々な不調を訴えている方

とっても多いです。

 

身体全体に栄養を

運んでいるのは脾臓の役割です。

 

胃で消化された飲食物が

脾臓に運ばれ栄血(栄養のある血)

として全身に運ばれます。

 

また、脾臓は血液にも関係しているので

脾臓の調子が悪くなると、血便や生理不順

などの症状が出やすいです。

 

身体の中で、とっても重要な

仕事をしている臓器なのですが、

この脾臓が良くない方とっても多いですね。

 

まず脾臓の栄養状態が良くないと

・背骨がガタガタ

・背中の痛み

・唇の乾燥

・喉の渇き

・甘いものを欲する

・下半身の浮腫み

・瞼の浮腫みや腫れ

・食欲減退

・腹部膨張

などが起こります。

 

また、太ももの内股の部分は

脾臓の経絡が流れているのですが、

ここがカチカチに固くなるか

柔くなります。

 

固くなる方→消化不良・食べ過ぎ

柔らかい方→栄養不足・食べなさ過ぎ

のどちらかです。

 

 

ここで、気を付けたいのが

栄養のバランスは良いのに

調子が悪いっていう方。

 

バランス良く食べてたとしても、

身体全体に栄養が巡って

いるかどうかは別問題です。

 

脾臓の運化作用が下がっていると

必要な栄養は身体に巡らないので

元気やヤル気も出ませんね。

 

☆逆に栄養状態が良くなると

顔色が良くなって、

肌に弾力や艶が出始め、

内股の弾力も硬過ぎず、柔らか過ぎず

とても良い状態の柔らかさになります。

 

という事は栄養状態が

改善されるだけでお肌の状態は

ぐんと良くなって、

肌に艶や弾力が出始め、

真の美容を求めてる方にはとっても

良いこと尽くめです✨

 

 

まずは、自分の身体を知る為にも

内股の硬さをチェックしてみて下さい。

f:id:acupuncture_728199:20170730130326j:image

 

 

☆硬い方は炭水化物や甘い物などの摂り過ぎや

食べ過ぎで消化不良になっていないか。

 

☆柔らかい方は栄養が偏ったり、

食べなさ過ぎてはいないかどうか。

食べなさ過ぎているのは、

また別の問題がありそうですね。

 

このふたパターンに基づいて

確認してみて下さいね✨

 

また、次回は私がフル活用している

パイオネクスで脾胃トラブルに

改善効果のあるツボについて、

書かせて頂きますね💜

 

acupuncture-yuri.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 未分類

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。