鬱と鍼灸治療~心に効く薬は心に効きすぎる ~

      2017/10/30

こんにちわ(^^♪yuriです。

 

本日は少し気持ちが暗くなるようなお話しをしていきます。

この職についてから、心に病を抱えている方の治療を

する機会が多々あります。軽い方から重い方まで。

年齢層も幅広いです。

現代は昔と違い、飢えも少なく、何一つとして不自由のない

便利な生活の出来る一方で、

年間30000人もの方が命を絶つ事を選択しています。

 

戦争も飢えもないけど、心に傷を負い、

そのまま死を選択する社会。

 

そんな心に傷を負った、心の病にかかっている方の

治療をする度にどうしてなんでだろう。

どうしてなんだろう。といつも考えさせられます。

笑う事は心から楽しい時に

本当に楽しいですか

喜びも楽しみもないのに無理して笑う方。

とっても多いです。

周りの人に合わせなきゃとか

合わせないと嫌われるんじゃないかとか

素直な自分の感情とは別の気持ちに

フタをして、無理に笑ってる。

本当にそれは楽しい事ですか?

無理して笑ってないですか?

自分を押し殺す

周りに合わせ、個性を出さない事が正しい事だと思っている。

特に日本人はその風潮がありますよね。

しかし、本来の自分を押し殺し過ごす事で

心はどうなるでしょうか?

 

とっても疲れてしまいます。

また、自分の感情を押し殺すという事は

自分自身にを付く事になります。って疲れますよね。

更に、そんな自分に嫌気がさします。

もうちょっと自己中になっても良くないですか。

感情のまま、生きてみませんか?

辛かったら休めば良い

本当にしんどくてしんどくて

生きるのも辛いなら、休めば良い。

休んで、また少し頑張れば良い。

良い時ばかりな訳がない。

波があって当たり前です。

たまたま今はそんな時。

仕事に行かない訳にはいかないから休めないとか

色々な理由をつけて諦めるよりも、自分が喜ぶ事を

研究し見つけてあげましょう。

私の場合

私は落ち込んで、悲しみが心から溢れた時

ひたすら泣いて泣いて泣いて泣きまくります。

そして少し気持ちが晴れてきたら、

思いっきり身体を動かす!!

以前は、とにかく過食に走ったり、友達に話しを聞いてもらったり

衝動買いをしたり、お酒を飲んだりなど色々な方法を試していました。

しかし、この方法は後から確実に後悔する事ばかりでした。

過食に走れば太って肌荒れはするし、

友達に話をすれば、何であんなに暗い話しちゃったんだろうと自分を責めるし

衝動買いしても、何でこれ買った?っていうもの買ってるし、

お酒を飲んだら記憶が飛んで羽目を外すし・・・。

もうね、良い事は1つもなかったです(笑)

色々な失敗談があるからこそ、今は自分なりの気持ちを落ち着かせる方法が分かりました。

鬱病になった際の対処法

今の感情を認めよう

泣きたい位辛いのに、まだ大丈夫。頑張れる。と言い、

どれだけ辛抱しようとするの?と突っ込みたくなる位

頑張ろうとする人もいます。

もしくは、そう言い聞かせる事で無意識に自分の事を守っているんですね。

頑張る事はとっても良い事なのですが、

先程も書いたように自分の感情に蓋をして認めないという事は

1番やってはいけない事です。

今、しんどいな~と思ったら、しんどいって感じる事。

もうダメかも、いなくなりたいって思ったのならそれも感じる事。

素直に「今自分はこう思ってるんだな」という事を認めてあげる事が大切です。

1番身近にいる、あなたが感情に気付いてあげないと、

どんどん心は窮屈になってしまいますよ。

楽しい話(事)を沢山する

一見、当たり前の様ですが、当たり前の事がとても重要です。

出来るだけ、楽しい話だけをするようにしましょう♪

また身近に、鬱の方がいらっしゃる時に

暗い話ばかりにならないよう、気を付けてみて下さいね。

歌う(カラオケに行く)

歌う事は大きな声を出して感情を外に手放す事です。

心の中のモヤモヤを吹き飛ばす事が出来ます。

楽しい気分になると尚良いですね。

鬱の方は、感情を内に秘めがちです。

カラオケで自分の感情を発散させましょう!

鬱病の診断を受けた方達

現代では、心身の状態が優れなかった為に

病院に行くと、鬱または躁鬱と診断された方々が沢山いらっしゃいます。

鍼灸では、腰や肩凝りなどで来院された方でも

お話しをするうちに、実は鬱の薬を服用していますと言って下さる方も多いです。

症状の悪化

病院で鬱と診断された方が薬を服用し続け、段階が進み躁鬱になる方。

また、服用し続けても改善する事なくどんどん痩せて、

目も虚ろになり表情も乏しくなっていく方。

生きようとしているのではなく、ただ生かされている事に精一杯な方達。

何も話さず、ただ一点を見つめるだけ。

鬱を発症し、症状経過とともに薬の量が、どんどん増えていく。

家族もどうしようもなく、最終的に家族全員が疲れ切ってしまう。

そんな方々を沢山見てきました。

心に効きすぎる薬

薬がなくては生きていけないけど、

心を薬に支配されて結果どうする事もなくなって死を選択する方。

心の病に効く薬は心に効き過ぎます。

人間の身体は優秀なので

始めは少量服用して効く薬が

免疫力が働いた結果、量を増やさなければ

効かない身体になっていきます。そのスピードは早いです。

変えるのはあなた自身

現状のままで改善しますか?

もしかすると本当は気付いてるかもしれないですね。

ただ今は、心が疲れ過ぎていて

流れに身を任せているだけかもしれません。

しかし、ふと「このままではいけない!変わりたい」

と思った時は変えられるチャンスです。

あなたの身体はあなたの物。

あなたの人生もあなたの物。

あなたが主導権を握りましょう♪

最後に

誰かが治してくれる、誰かが私の人生をより良い物に

してくれると思うのではなく

私軸でコントロールしてみましょう(^^♪全ては自分次第。

改善していく力はあなたにあります。正しい方法で、正しい選択を!

また、鍼灸治療では、お身体全体のバランスを整える治療法ですので、

鬱症状にももちろん効果が期待出来ます。

少しでも、死を選択する方がいなくなりますように。

そして今日も素敵な1日となりますように・・・♪

 - 健康, 心の話し

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。